春を花粉から感じてしまう。


こんにちは、ここ数日で一気に花粉の飛来がきつくなってきて花粉の症状で苦しんでいる方も増えているのではないでしょうか?


花粉症は仕方がないものと諦めてしまっていませんか?


こたろうのはりきゅうに来られている方で花粉の苦しみから解放された方は多数居られます。


残念ながらすべての方が花粉症で困らなくなったかというと100%の方が治ったとは言えません。

では、どのような方が良くなって、どのような方が良くなっていないのでしょうか?


一つの結論として


定期的に来院頂いていない方はなかなか難しいです。


どうして定期的に治療しないと花粉症の克服が難しいのでしょうか?


治療は継続しないと効果が無いから?


そんなことはありません、体の調子を整えてそれを維持出来るのであれば長期に渡って効果が期待できます。


問題は体の調子を維持出来るかどうかにかかってきます。


治療に来ていただいている方は、多様な考え方を持っています。


ほとんどの方は「治りたい」と思って来院されていますが、知らず知らずに

「次の治療の日まで体が持てば良い」という考えに変わられる方が多いように思います。


どういうことかと言いますと、

「体を回復させ続ける」のではなく「治療で回復した体力で次の治療までを過ごす」

になってしまうということです。


これではなかなか回復が進みません。

なんせ体が正常に働ける状態まで待ってから物事をするのではなく、回復する前から頑張ってしまうので燃費が悪いです。


しばらく辛抱できる気持ちがあるのと無いのとではかなりの差が出ます。



治療間隔の話にもなりますが、治療効果の残っている間に次の治療が基本になります。


どんなに治療間隔が開いてしまっても体の管理が出来るのであれば問題はありません。


逆に、治療間隔が短くても次の治療までに無茶をしないといけない状態でしたら回復が遅れてしまいます。


ここが大きな分岐点になるために、早く良くなる方とそうではない方に分かれてしまいます。


体の状態を把握して、その状態を考えて行動できることが大切です。


花粉症は体の状態をいかに維持出来るかが問題です。


日常で気を付けて頂きこたろうのはりきゅうで治療を受けて花粉症で苦しまないようにしてみませんか?


写真は荒山公園の梅の写真です。


今は見頃なので良かったら皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか?


今日から3月に入り「振舞い梅めかぶ茶」は終わらせて頂きました。

ただ、受付には用意していますので希望があれば入れさせて頂きますので声をかけてください。




27回の閲覧
  • ティックトック
  • YouTubeの
  • LINE_
  • Instagramの社会のアイコン
  • s-facebook