22時(受付は21時)まで

​仕事が終わってからも

ご利用可能です。

当院は予約制となっております。

その為にほとんど待ち時間が発生しませんのでご安心して下さい。

初回施術の場合は問診などで時間を多めに頂いております。

​電話、オンライン予約などを使って希望の日時とコースをお知らせ下さい。

【院長紹介】
1995年 7月 須見整形外科勤務
1996年 4月 東洋はり医学会 北大阪支部所属
1997年 3月 関西鍼灸短期大学を卒業、国家資格「はり師」「きゅう師」免許習得
2001年 5月 東洋はり医学会 北大阪支部 講師
2002年11月 こたろうのはりきゅう 開院
2017年 1月 東洋はり医学会関西 理事就任
2017年 1月 関西医療学園専門学校 非常勤講師就任
​② 施術着に着替えて頂き、より詳しく身体の状態についてお聞きします。
​来院からの流れ
​① 来院して頂いてから問診票を記入して頂き、症状などを教えて頂きます。
③ 身体のどこの部分から症状が起こっているのかを説明しながら問診を深めていきます。
④ 脈(みゃく)の状態を診させていただくことで、体の冷えや熱、どこの部分問題があるかを確認させていただきます。
​脈を診ることで体の全体の状態を把握することが出来ます。
⑤ おなかの状態を診させていただき、内臓の硬さや冷え、熱などを調べます。
脈と同様に体の全体の状態を把握することが出来ます。
⑥ 体の関節や筋肉の硬さを診させていただきます。
触った筋肉の硬さや、関節の動きの大きさ、重さなどを比較します。
脈とおなかを診た情報と照らし合わせて施術の方法を組み立て行きます。
​日によって体の状態は変わりますので施術、治療に使うツボは変わることがあります。
⑦ 当院の鍼(はり)は痛くありませんが、今までに痛い鍼を受けてきた方は普通の鍼に対してかなりの恐怖心があります。
​刺さない鍼での施術も可能ですのではりが怖い方はおっしゃってください。
⑧ 体に鍼をしていきます。
鍼の効果はツボに触れるだけでも実感していただけます。
もちろん痛みはありません。
​問診などからの情報を元に全身の調整をおこなっていきます。姿勢や骨や筋肉のゆがみに対しても調整できます。
⑩ 最後に体のチェックをします。
ベッドに寝ていてはわかりにく症状や訴えておられる症状が取れているかを調べます。
​施術が終わりましたら着替えていただきます。
⑨ お灸です。
主には背中の調整をするのに用います。
火を使いますが途中で火を消しますので「フワッと」温かみを感じる程度の刺激です。
​温める作用が強いので冷えのある方に有効です。
⑪ 待合室の受付です。
お会計をお願いします。
次回の都合に合わせた予約もこちらで伺います。
​症状によって異なりますが、ひどい症状だと週に2~3回施術を受けると早く変化を感じられるようになります。
  • ティックトック
  • YouTubeの
  • LINE_
  • Instagramの社会のアイコン
  • s-facebook